その2

パッと思いつく勝つための要点は

・台の仕様を理解しておく
今現在設置されている機種は知らないければ損をする台ばかりなので
雑誌を立ち読みでも良いのでチェックするのは重要です。

・小役を取りこぼさない 
案外重要視されていないのですが
現在のストック機は成立小役を取りこぼすと丸損です。
例:北斗のスイカ一個で120円です。
ホールの中だと「たったの6枚じゃん」と思いがちです
でも実際に取りこぼした小役を数えていくと凄まじい差が出ます。

・とりあえず一度は自分の行ける範囲の店を全てチェックする(店毎のイベントの信頼度、客層のぬるさ、設置機種など)

・なくなっても大丈夫なお金を30万程度(出来れば50)用意する。
現在主流のストック機は投資がかさんでしまう事が多いので
死ぬほど不運が重なって一時的に収支がマイナスに落ち込んでしまっても
立ち回りが間違っていなければ
この範囲(-30万~-50程度)以上はほぼいきません。
(自分は北斗に踊らされて-53まで行きましたが('A`)・・・)

・妥協して打たないで打てる台が無ければ帰るか
他の店へ移動するのを心がける(これが一番難しいです。自分もまだ完璧に出来ません。)

・稼働時間にもよりますが短い期間で結果出そうと考えない。
自分の場合、田舎なので9割チャリです。
都会の交通事情がサッパリわからないのですが
都会で地下鉄等を使える方は移動費も頭に入れる必要があります。

・ハイエナの場合は必ず等価(最悪でも5.5枚)の店で打つ
殆どの場合投資額が大きいので最初に換金ギャップが出てしまい
ハイエナするラインが上がります(逆にラインを上げても拾える場合は問題なしです)

・打てる時間を考える 
仕事が終わって夜7時からの勝負と仮定してとりあえず人気3機種を

・北斗の拳
高設定発表イベントがあれば 設定5以上なら閉店15分前まで
初当たりが見えるなら AT中G数カウントはされているかチェックしてから
総回転数4000~5000以上初当たり確率が1/250以内なら(ここで注意として高設定を使う店で、と前提が付きます ボッタホールだとまぐれの可能性が高いため)
天井が深すぎるため天井狙いは無理です1500~とかになっちゃうので。

・吉宗 
個人的には打ちたくない機種(たまに猛烈に打ちたくなりますが・・)
ハイエナの時点で殆ど1700~1900とか行っちゃうのでオススメ出来ないです。BIG連命な部分とか投資がかさみまくる等(他の機種以上に運任せ)
時間も最低で2時間は欲しいです。

・主役は銭形 
ハッキリしたヤメ時がありモードも無く(打ち始め~181Gヤメ)
999GでREG天井と収支が荒れにくく
小役とボーナスさえ揃えられれば問題ないので案外初心者向けな機種
RT振り分け型の機種なのでG数だけ気にしていればいいです。
設定1の700Gから打ち始めで2000円程度とそこそこの期待値があるので店を回って台を探すだけでOKな機種かもしれないです。

欠点は一台の消化時間が長いという部分
数がこなせなくなる事が多いです。

・サクサクと普通に回して1時間に700G程度ですので時間配分を考えて。


思いついた事をズラ~と書きましたがこんな感じでどうでしょうか?

殆どが受け売りや他のHPと同じ事を書いていると思います。
でもみんなが共通の事を書いていると言うことは
たぶんコレが正解に近いって事でもあると思います

長文でしたが
そいじゃ、お疲れさま( ´ー`)ノシ
[PR]
by ma_makoto | 2005-03-26 00:23 | スロット
<< 流石 マサカリ投法 勝ち方講座?  >>